カテゴリー
ギターのチュートリアル

ゼロから始める6:音の読み方(C,D,E…)

音の名前をいうとき、ギターでは「ドレミファソラシド」よりも「C D E F G A B C」をよく使います。


「ド」のかわりに「C」って言いいます

音って、学校だと「ドレミファソラシド」って言いますよね

うん、ハ長調とかト音記号とかは「ハニホヘトイロハ」だったり

学校で教えてもらう音楽だと、音はだいたい「ドレミファソラシ(イタリア式)」、ハ長調とかト音記号とか「ハニホヘトイロ(日本式)」で言うときもあります。

ギタリストはアメリカ式の「C D E F G A B」をよく使います。音の名前、コード(これから出てくる)、キー(そのうち出てくる)など、そのほとんどを「C D E F G A B」で表現します。

ギターでは英米式の音の読み方

半音上げるのが #(シャープ)、半音下げるのが ♭(フラット)

半音って、鍵盤とかギターのフレットとかで、お隣さん同士のことですよね

うん、そうそう。半音上げるのが #(シャープ)、半音下げるのが ♭(フラット)ね

鍵盤でお隣さん同士の関係を半音っていいます。上の図で、たとえば A のお隣さんは A♭ と A# です(G と B ではないので注意)。でも、A♭ は G のお隣さんでもあるので G# と言ってもいい。おなじように A# は B♭ でもあるんです。

つまり、A♭ と G# はまったく同じ音のことで、言い方が違うだけです。A# と B♭ も同じ。初心者的にはどっちでも通じます。