カテゴリー
ギターのチュートリアル

ゼロから始める7:チューニングのしかた

練習の前にチューニングします。ギターのチューニングのしかたを説明しますね。


チューナー(チューニングメーター)をつかいます

チューニングの仕方が知りたいです

チューナー(チューニングメーター)っていう機械を使って合わせるの

板書に描いてあるのはクリップタイプ。洗濯バサミみたいになっているので適当なところ(どこでも大丈夫)にくっつけます。クリップタイプの場合、ギターをアンプにつないだりする必要はないです。生音のままでOK。

6弦(いちばん太い弦)をボーンと弾いてみよう。チューナーが反応して何か表示されるはず。表示が「E」でぴったりになるまでペグ(糸巻き)をゆっくりとまわして調整しよう。

ギターのチューニングのしかた
6弦から順に E , A , D , G , B , E と合わせればチューニング完了

チューナーの表示を見ながら、6弦から1弦まで全部合わせるの

チューナーによっては E2 のように表示されることも

たとえば6弦を E にチューニングするとき、同じ E の音でも1オクターブ間違えちゃったりしないのかな…

うん、最初のうちは弦の張替なんかでやっちゃうかも。張替するときは、全部の弦をまとめて外さないで1本ずつ順番にするといいです

チューナーが教えてくれたりしないのかな?

実は、教えてくれるチューナーもあるの

チューナーによっては周波数が表示されたり、何オクターブ目の E なのかわかるように、E のかわりに E2 とか E3 とか表示されるものもあります。