カテゴリー
じぶんで整備

じぶんで整備:ブレーキパッドの外し方

ディスクブレーキのブレーキパッドを脱着してみます。車両は新型コペン(LA400K)です


まず、タイヤを外して、キャリパーを開けます

タイヤの外し方、キャリパーの開け方はこちらをどうぞ

ブレーキパッドを外します

ブレーキパッドはブレーキローターを挟むように 2枚 あるの

嵌めてあるだけなので外側に引っ張れば外れちゃいます

固くて動かないときは、細いマイナスドライバーみたいなもので少し押してあげるといいかも

パッドにはシムがついている

ちょっと固かったけど外れました。これは外側のブレーキパッド

ブレーキパッドにはシムっていう金属板が嵌めてあるの。引っ張るだけで簡単に外れちゃいます

内側のブレーキパッドはこちら

シムを付けるとブレーキの鳴き(キーキーいう音)を抑えたりできます。ブレーキしたときのタッチを気にしてシムを外しちゃう人もいるみたい。けど、普通は付けておくメリットのほうが大きいかも

錆落としと清掃。最後にグリースをして元に戻す

シムなどはクエン酸を使うと簡単にピカピカにできるんです

詳しくはこちら

組付け前にはグリースをしておくといいかも

ブレーキパッドのグリースは、二硫化モリブデン配合のブレーキ用スプレーを使いました

詳しくはこちら


ブレーキパッドを新品に交換したときは、キャリパーを元に戻す前に、シリンダーボディーにあるピストンを少し押し戻しておきます(新品パッドは厚みがあるのでそのままだとピストンがぶつかって入らない)。ピストンを押し戻すにはこんな感じの専用工具があると便利

また、ピストンを押し戻すとリザーバータンク内のブレーキフルードの量が少し増えます。溢れそうなときはリザーバータンクのキャップを外してスポイトで吸い出しちゃいましょう