カテゴリー
じぶんで整備

じぶんで整備:スライドピンの手入れのしかた

ディスクブレーキのスライドピンのメンテナンスをしてみますね。車両は新型コペン(LA400K)です


スライドピンボルトを 2 本外して、キャリパーを開けます

タイヤの外し方、キャリパーの開け方はこちらです

スライドピンの抜き方

キャリパーからピンブーツを外す

まず、ゴムのピンブーツをキャリパーから外します

引っ張って外しちゃってもいい?

うん。でも無理に引っ張ってブーツが破けちゃうといけないので、外れにくいときはヘラで抉って外しましょう

スライドピンを抜く

ピンブーツが外れれば、スライドピンは簡単に抜けます

おおー、古いグリースがべっとり

グリースを拭いてピンブーツを外す

グリースを拭き取って、ピンからブーツを外します

スライドピン、上と下は少し違うんですね

スライドピンは組付けの都合上、片方を少し細くしておく必要があるらしいの

少し細い方をロックピン、ピッタリのほうをガイドピンって区別してるとか。ロックピンの方はそのままだとガタガタしちゃうのでゴムのブッシュがついてるみたい

スライドピンの穴を清掃

スライドピンの穴も掃除しちゃいましょう

替え芯の空きケースでほじってみました

古いグリースを掻き出せばいいので、スライドピンを使って掃除しちゃう人もいるみたい

最後に綿棒でクリクリしときました。かなり綺麗になったかも

グリスをしてスライドピンを戻す

スライドピンにグリースを塗って差し込めばお手入れ完了

グリースは塗り過ぎもいけないんですよね

うん。それからグリース自体もスライドピンに合ったものを使ってくださいね

そうそう、ゴムのブーツがちゃんと嵌ってることも確認してくださいね

きっちり嵌ってないと水が入っちゃいますもんね