カテゴリー
じぶんで整備

じぶんで整備:ブレーキドラムの外し方

後輪についているドラムブレーキ、お手入れや点検をしたくてもドラム部分がなかなか外れないんです。ということでドラムブレーキのドラムの外し方です。使用する車両は新型コペン(LA400K)です

ドラムブレーキの各部分の名前が分からないときは、先にこっちを見ておくといいかも


タイヤを外してサイドブレーキを解除

タイヤの外し方はこちら

タイヤを外したらパーキングブレーキ(サイドブレーキ)は解除しちゃいます

クルマが動き出さないように、シフトを P(パーキング)に。輪留めも忘れずに

ドラムははめ込んであるだけ、でも簡単に外れません

ブレーキのドラムって嵌めてあるだけなんですよね。ってことは、引っ張れば外れる?

それが錆で固着しちゃったりしてて、実際には簡単に外れないの

こじって開けようとしちゃだめ

ふふ、ブレーキドラムとバックプレートの間に隙間がありますね。ここ抉っちゃえばパカっと外れそう

それやっちゃだめ。バックプレートが曲がっちゃうとブレーキがちゃんと効かなくなっちゃう

ハンマーで叩くのはうまくいきませんでした

ブレーキドラムをプラハンマーで叩くと外れるとか…

うん。たしかに衝撃を与えて固着が取れれば外れるはずなんだけど、叩く位置や加減が難しいかも

変なところ強打するとブレーキ壊れちゃいそうだし、ちょっと自信ないです

サービスホールにボルトをねじ込むのが確実

はい、ということでブレーキドラムを外すには、サービスホールを使います

サービスホールが無いドラムの場合は、プーラーって工具を使うのが安全かも

サービスホールにボルトを均等に捻じ込んでいく

この穴、ちゃんと意味があったんですね

うん。こんな風にボルトをねじ込んでいくことでブレーキドラムが外せるようになってるの

新型コペンだと適当な M8 のボルトを 2 本用意します。均等に捻じ込んでいきましょう

ボルトを捻じ込んでいくと、すぐに何かにぶつかっちゃうんです。このままグイグイ捻じ込んじゃって大丈夫かな?

うん。ちゃんと頑丈な部分に当たるように設計されているので大丈夫

「パキッ」っと音がしても落ち着いて

捻じ込んで行ったら、途中で「パキッ」って音がしたんです。もう絶対壊しちゃったっておもった

錆びついてると、固着が剥がれるときに結構大きな音で「パキン」って鳴ったりするんです。慌てずに作業を続けましょう

無事外れました

外れました! でも、思ったより錆がすごいです

せっかくドラムも外れたので、DIY でさび落とししちゃうといいかも