カテゴリー
じぶんで法定点検

【法定点検】制動装置 > ブレーキディスク及びパッド > ディスクとパッドとのすき間


足廻り点検

点検項目:制動装置 > ブレーキディスク及びパッド > ディスクとパッドとのすき間

内容:ディスクブレーキが引きずっていないかチェックする


使用した車両は新型コペン(LA400K)、個人が普通に使うクルマ(自家用乗用車)での点検です。点検結果は定期点検整備記録簿(特定整備記録簿)へ記入します

点検に使う用紙についてはこちら


新型コペンは前輪がディスクブレーキ。これが引きずってないかチェックするんですね

基本的には、ジャッキアップして手でタイヤを回して引きずり感がないかチェックすればいいの

前輪を両輪ジャッキアップしてチェックする場合

ウマ(リジッドラック)とかをかけて前輪を両輪とも浮かせれば、タイヤは手で回るはず

※ 前輪駆動(FF)の場合。尚、反対側の車輪は逆方向に回ります

シフトが P に入ってても?

うん。両輪共に浮いてるときはシフトが P でも前輪は動くの。手で回してチェックしちゃいましょう

片輪のみジャッキアップしてチェックする場合

片輪ずつのジャッキアップでチェックしたいときは、シフトが P のままだとタイヤは回らないです

どうしたらいい?

シフトを P から N(ニュートラル)にすれば大丈夫

エンジンをかけずにフットブレーキを踏みながら、シフトレバーのそばの “SHIFT LOCK” ってボタンを押しましょう。シフトが自由になって P から N に移動できるようになるの

おっ、N にしたらタイヤが手で回るようになりました。あとは引きずる感じがないかチェックですね

手で簡単に回らないときは引きずってるかも

手で楽に回せるけど、多少シャーって擦る感じがするのは普通みたい

うん、大丈夫っぽい。異状なしってことでよさそう。チェック欄に「✓」を記入して完了しちゃいますね