カテゴリー
じぶんで法定点検

【法定点検】制動装置 > ブレーキドラム及びブレーキシュー > ドラムとライニングとのすき間


足廻り点検

点検項目:制動装置 > ブレーキドラム及びブレーキシュー > ドラムとライニングとのすき間

内容:ドラムブレーキが引きずっていないかチェックする


使用した車両は新型コペン(LA400K)、個人が普通に使うクルマ(自家用乗用車)での点検です。点検結果は定期点検整備記録簿(特定整備記録簿)へ記入します

点検に使う用紙についてはこちら


これはドラムブレーキの引きずりのチェック

新型コペンは後輪がドラムブレーキ。ドラムとライニングの隙間は自動調整っぽいです

まずはフットブレーキや駐車ブレーキを踏んだり引いたりしてブレーキの状態を安定させます

ジャッキアップする

そしたらジャッキを使ってタイヤを少し浮かせちゃいましょう

今回は後輪のチェックなのでサイドブレーキは解除しておきますね

タイヤを手で回してチェック

あとは浮いたタイヤを手で回して、引きずりがないかチェックするの

左右両輪とも、そんなに引っかかる感じはないみたい。けっこう楽に回るかも

特に問題なさそうなら、異状なしってことでチェック欄に「✓」を記入して完了です


駐車ブレーキ専用のドラムブレーキの場合は、駐車ブレーキとして異状がなければこの点検は省略できるとのこと