カテゴリー
じぶんで法定点検

【法定点検】かじ取り装置 > ロッド及びアーム類 > ボール・ジョイントのダストブーツの亀裂及び損傷


下廻り点検

点検項目かじ取り装置 > ロッド及びアーム類 > ボール・ジョイントのダストブーツの亀裂及び損傷

内容:前輪のロッドやアームのゴム(ダストブーツ)をチェックする


使用した車両は新型コペン(LA400K)、個人が普通に使うクルマ(自家用乗用車)での点検です。点検結果は定期点検整備記録簿(特定整備記録簿)へ記入します

点検に使う用紙についてはこちら


ステアリング周りに使われてるゴムをチェック

車輪を左右に動かすためのロッド(タイロッド)や、タイヤとサスペンションを繋いでいるアーム(ロアアーム)のダストブーツですね

前輪の内側をハンドルを切って後ろから見たところ。車輪との接続部にゴムのブーツ(ダストブーツ)が使われているのが見える

うん。ロッドやアームは、ハンドルをいっぱいに切ればタイヤの後ろから確認できちゃいます

じっくりチェックしたいときは、タイヤ外しちゃってもいいかも

うん、ゴムに亀裂や損傷は無し。とくに問題なさそう

ロッドやアームのゴム(ダストブーツ)は、中にあるボールジョイントっていう部品を保護してます。この辺のブーツ類が破れちゃってると車検に通らないのでじっくりチェックしておきます

特に異状がなければ、チェック欄に「✓」して完了しちゃいましょう