カテゴリー
じぶんで整備 メモ:グッズ

じぶんで整備:古河電池「UltraBattery エクノ IS」を 1か月 使ってみました(新型コペン LA400K)

バッテリーを「古河電池 UltraBattery エクノ IS」(以下、UBエクノIS)に交換、1 か月 使ってみました。とりあえず印象をレビューしておきますね。使用した車両は新型コペン(LA400K)の CVT タイプです

このバッテリーを DIY で取り付けたときの記事はこちら


交換して 1か月 使ってみました

ここ 1か月 は、近所(街中)でのチョイ乗り、あるいはせいぜい片道 15km くらいの走行です

ただいま夏真っ盛り。駐車中のクルマの中は灼熱地獄。クーラーフル稼働でバッテリーやオルタネーター(発電機)には過酷な状況でのレビューです

普通に分かるくらい、運転したときの感じが変わる

新型コペンのバッテリーを UBエクノIS に交換したら、クルマの操作感が変わっちゃって…

どんなところが変わった?

たぶんオルタネータ(発電機)のせいだと思うんですけど、加速感や減速感が違うんです

とにかくすぐに充電が行われる

充電の受け入れ能力がものすごく高い感じ

UBエクノIS にすると、オルタネータからバッテリーへの充電が半端ないんです

キャパシタ機能の充電受け入れ性能の影響っぽいですね

通常のアイドリングストップバッテリーと違って、明らかに充電してる感じ

バッテリー電流の変化は OBD2 接続のレーダー探知機(ユピテル A120)で確認しています

チョイ乗りでのバッテリー劣化が少なそう

バッテリーから電気を使うと、使った分、エンジンが回り出した途端に充電し始める感じなんです

充電は問答無用で行われちゃうので、止めたり後回しにしたりはできないですね

うん。正直、今は充電やめて欲しいなってときもあるんだけど、バッテリーには良さそう

充電器による補充電があまり要らないかも

パナソニック カオスみたいな今までのバッテリーだと、走ってるときにそんなに充電されてる感じはなかったかも

整備士さんに聞くと 20~30 分 しっかり走らせれば大丈夫ってことなんだけど、アイドリングストップバッテリーだと、そのくらいじゃそんなに充電してないような

でも、UBエクノIS だと、本当に 20~30 分 走るだけでもそこそこ充電しそうな感じ

充電器を持っていなかったり、充電器の電源が取りにくい場所にクルマがあったりする場合、UBエクノIS を試してみるのはありかも

サルフェーションが起きる隙がなさそう

とにかくエンジンが動くと直ぐに充電しちゃうっぽいので、サルフェーションが起こる隙がなさそう

バッテリー長持ちの予感

バッテリーの電極に電気が流れにくい物質が付着してバッテリーが劣化しちゃう現象をサルフェーションって言います。サルフェーションは充電不足のときに起こりやすくなるので、すぐに充電して常に満充電状態にしておくといいんですね

停車からの走り出し、減速時はクルマの動きが重くなる

発進時は少しクルマが重い

停車から走り出した直後は、前よりちょっとアクセルが重いです

加速が少し重くなった感じがありますね

アクセルを戻したときの減速感が大きくなった

アクセルから足を離したときの減速感も、以前より強いかも

前よりも減速のエネルギーがバッテリーの充電に使われてるっぽいですね

軽いシフトダウンでエンジンブレーキをかけたように感じることもありますね

下り坂で転がるように加速する感じがなくなる

今までのアイスト対応バッテリーだと、下り坂のときはアクセルを離したくらいじゃどんどん加速しちゃってコロコロ感がありましたよね

うん。UBエクノIS だと、アクセルを離すだけでそれなりの減速感があって、コロコロ感は少ないです

従来のバッテリーのほうが、充電能力が低い分、クルマの挙動は軽い

今までのバッテリーのほうが、加速も減速も基本的には軽い感じだったかも

UBエクノIS って、加速時の充電をちょっと抑え気味に、減速時の充電も少し減速が続いてから始めてくれたらいいなって思った

バッテリー自体に新たな仕掛けを組み込むか、クルマの充電制御プログラムを書き換えるかしないと難しいかも…

UBエクノIS のキャパシタ機能、性能が高すぎてクルマの方が対応しきれてない感もありますね

たしかにバッテリーは長持ちしそう、でも燃費への影響は?

これだけ充電でオルタネータ(発電機)がしっかり使われると、燃費がちょっと心配かも

うん。OBD2 経由でデータを見ていると、従来のバッテリーに比べて加速時の燃料の消費は少し増えてるような

でも、あらためて走行全体で見てみると、そんなには変わってないような印象もあるんですよね

電気を使う機器の使用が少ない状態で、ある程度の距離を走っていると、むしろ燃費は良くなっているような気も…

燃費についてはもう少し様子を見てみないと分からないかも

バッテリーをメンテ無しで出来るだけ長く使うのによさそう

細かいことはともかく、UBエクノIS にすると、オルタネータ(発電機)が隙あらば充電しちゃうって感じはありますね

なので、クルマをそれなりに使っていればいつでもバッテリーはある程度充電されそうだし、劣化も極力抑えられそう

バッテリーのメンテナンスとか、あまり気にしたくない場合にはすごくいいかも

だけど、それと引き換えに、クルマの動きが多少重くなったり、走行条件によっては燃費が多少悪くなったりしちゃう可能性もあるんですね

うん。でもまだはっきりしないことも多くって。UBエクノIS の特徴をつかむには、もう少しいろんな状況で使ってみる必要がありそう