カテゴリー
じぶんで整備

じぶんで整備:クルマのバッテリー劣化を DIY で判定するには

ディーラーやカーショップにあるバッテリー診断機(バッテリーテスター)を使わずに、電圧だけでバッテリーの劣化を判定してみますね


劣化をバッテリーテスター(診断機)を使わずに、電圧だけで判定してみます

点検で整備士の人がレシートみたいな診断結果を持ってきて「バッテリー交換しませんか」って…

一応まだ使えてるし、バッテリーがほんとうにダメなのか、自分でも確認してみたいです

それなら、電圧で劣化の具合をチェックしてみるといいかも

電圧を表示できるグッズを用意

何でもいいので電圧を測定できるグッズを用意しましょう

  • デジタルのマルチテスター
  • シガーソケット電圧計
  • OBD2接続機器(たとえばレーダー探知機)の電圧表示機能

マルチテスターやシガーソケット電圧計なら 1000 円くらいで買えますね

マルチテスターを使うときはボンネットを開けてバッテリー端子の電圧を直接測ります。シガーソケットタイプは車内のソケットに差し込むだけなので簡単(精度があまりよくないけれど)

バッテリーを満充電にします

バッテリーは、充電不足だと劣化してるって判定になりやすいです

なので、判定する前にまず充電ですね

うん。実は業者さんの使うバッテリー診断機でも同じ。充電不足だと結果が悪くなって「バッテリー交換しませんか」ってなりやすいです


バッテリーの劣化は通常、バッテリーの内部抵抗を測定して推測します。クルマのバッテリーの内部抵抗は 10mΩ くらいまでなら良好、20mΩ くらいになると交換ってことが多いとか。ただ実際にバッテリー上がりで外されたものだと 100mΩ 以上あったりすることも

だたしバッテリーの内部抵抗は、劣化だけじゃなく、バッテリーの状態(充電不足とか充放電直後とか)でも一時的にかなり変動しちゃうんです。なので、まず充電して条件を満充電って形に揃えておくんですね

高価な専用のバッテリー診断機でも、ある程度時間と手間をかけて測定条件を整えないと、ほんとはちゃんと診断できてないことも…


バッテリーが落ち着くまで待ちます

充電が完了したら、バッテリーが落ち着くまでしばらく待つんですよね

うん。完全に落ち着くには 48 時間くらいかかるらしいので、測定は数日経ってからがいいんだけど…

そんなに待てないときは?

とりあえず数時間、バッテリーの電圧で 12.6 V を目標にそれなりに下がるまで待ちましょう

エンジンをかけずにクルマの電源を ON にします

バッテリーの電圧を調べたいときは、エンジンはかけないんですよね

うん。エンジンをかけるとオルタネータ(発電機)が動いてバッテリーそのものの電圧が分からなくなっちゃいます

とりあえず、電源 ON にしたときの電圧をメモっておきますね

電圧の変化をチェックして判定

いよいよ判定

「ヘッドライト(ハイビーム)+ エアコン風量最大」を ON にして、電圧の変化をチェック

まず「ヘッドライト(ハイビーム)+エアコン風量最大」を ON にしたときにどのくらい電圧が下がるのかチェックしましょう

0.2 ~ 0.3 V くらいの電圧低下は普通。電圧の低下が大きいほど劣化している可能性が大きいです

つづけて 1 ~ 2 分ほど電圧の変化を観察

「ヘッドライト(ハイビーム)+エアコン風量最大」を ON にしたまま 1 ~ 2 分くらい電圧の変化を観察しましょう。電圧が一定で変化しないのが理想

1 分間で 0.1 ~ 0.2 V くらい、じわじわ下がってきたら劣化してきている可能性あり。急にどんどん下がりはじめたりする場合は早々に交換を検討したほうがいいかも

電圧の数値そのものはともかく、数値の下がり方を見るんですね

劣化の診断は、電圧値そのものより、電圧の変化をみるのがポイント

内部抵抗って、劣化して値が大きくなっていても、使う電流が小さいとほとんど影響が出ないんです。単純に電圧を測るだけだとわずかな電流しか使ってないので電圧値そのものは正常に見えちゃったりします

電圧が何ボルトだったら劣化してます、みたいなことは簡単に言えないんですね

そう、それはただの充電不足ってことも多いの


「ヘッドライト(ハイビーム)+エアコン風量最大」を ON にすると、通常 20~30 A くらい電流が増えます。内部抵抗が 10 mΩ 程度なら電圧は 0.2 ~ 0.3 V 下がります。内部抵抗が大きい(劣化が進んでいる)ほど電圧降下も大きくなります。電圧降下が 0.4 ~ 0.6 V くらいある場合、内部抵抗は 20 mΩ くらいに増大していることが推測されます

内部抵抗 20 mΩ はすごく小さい抵抗なんだけど、流れる電流が大きいときは無視できないんです。たとえばセルモータが瞬間的に 100A くらいの電流を要求すると、この内部抵抗(バッテリー自身)が使っちゃう電圧は 2V 以上。この調子で内部抵抗が増大するとセルモーターが使える電圧はどんどん小さくなっちゃいます。その結果、普通にバッテリーの電圧を測ると正常っぽいのに、セルを回そうとするとダメってことが起きるんですね