カテゴリー
じぶんで整備

じぶんで整備:クーラントは完全に抜かなくても大丈夫

クルマのクーラント(冷却水,LLC)をラジエータのドレンコックからのみ抜く場合、配管内には古いクーラントが抜けきらずにかなり残ります。古いクーラントが残っていても大丈夫なのか、計算して確かめてみました


古いクーラントは配管内にかなり残る

ところで、古いクーラントって配管内にどれくらい残っちゃうのかな?

車種によっては、普通の作業(ドレンプラグから抜く)で抜けるのは半分以下ってことも

そんなに残ってて大丈夫なのかな?

あまりにも抜ける量が少ない車種では、エンジンルームのボルト等を外してそこに残っている冷却水も抜くってことに…

でもそれ大変そう

そこで、そういう車種では交換回数を増やしてあげます。そうするとラジエータから普通に抜くだけの作業でもメンテナンス可能なことも。ちょっと計算して確かめてみようとおもいます

定期的に交換していれば、クーラントの性能は十分維持できる

うちのコペン(LA400K)だと、クーラントは 2 年に 1 回交換することになってます

クーラントに含まれる防錆剤や消泡剤の効果って、4 年くらいは持続するみたいですね

2 年に 1 回の交換なのに、使用するクーラントの寿命が 4 年あるのがポイントみたい

有効期限 4 年のクーラントを、新車購入時から 2 年毎に全体の半量ずつ交換し続けると…

計算すると、期限切れの古いクーラントは配管内のクーラント全体のせいぜい 1/4(25%)ですね

ドレンから全体の 2/3 くらい抜けたときは? 配管内に残る古いクーラントは全体の 1/3 くらいなので…

だとすると、同じように計算して期限切れの古いクーラントは配管内のクーラント全体の 1/9(約10%)くらいですね

抜ける量が少ないときは、交換頻度を上げる

クーラント交換、毎年したらどうなるのかな?

同じように計算すると、毎年半量交換の場合、期限切れの古いクーラントの割合は全体の 6 %くらい、全体の 2/3 交換できれば期限切れクーラントの割合はわずか 1 %程度で維持されます

ドレンから抜ける量交換頻度期限切れ分
全体の 1/22年ごと25 %
全体の 2/32年ごと約 10 %
全体の 1/2毎年約 6 %
全体の 2/3毎年約 1 %
参考:全体の 1/3 しか抜けない場合毎年約 20 %
参考:全体の 1/3 しか抜けない場合半年約 4 %
クーラントは、1回の交換量が少なくても交換頻度が高いと性能維持しやすくなる

クーラントの入れ替えで、ドレンから抜ける量が少ないときは、交換の間隔を短くしてあげます

クーラント全量が 3L の車なら、ドレンから 2L 抜ければ、2 年ごとの交換でも 90 % が有効なクーラントってことになるんですね


抜いたクーラントの量を計っておくと便利

クーラントの交換では、抜いた古いクーラントの量を計っておくといいですね。注入する新しいクーラントの量が分かるだけでなく、交換頻度の目安になります