カテゴリー
じぶんで整備

じぶんで整備:クーラントの注入方法

クルマのクーラント(冷却水,LLC)の入れ方です。エア抜き(クーラントの配管から空気を抜く)をどうするのかがポイントです


クーラントの注入ではエア抜きがポイント

クーラントは、ラジエターキャップを外したところから一杯になるまで注ぎます

それだけ?

ううん。ただ注ぐだけだと、クーラントの配管の中に空気が残っちゃうんです

それでエア抜きするんですね

抜いた量と注入した量を比べておくと安全

抜いたクーラントの量と、注入したクーラントの量を確認しておくといいですね

引き算すれば、どれだけ空気が入ってるか分かりますね

配管に大量の空気が残っていると、クーラントがうまく循環できなくてオーバーヒートを起こす可能性があるんです

そのためのエア抜きなんですね

配管内に空気がリットル単位で残ってしまうような場合はクルマを使う前にある程度しっかりエア抜きしたほうがいいかもですね

エア抜きの方法

一般的なクルマの場合

多くのクルマはこれでいけるかも

  • 【DIY向き】ラジエターにクーラントを上まで注いだら、ざっくりエア抜き作業をしてラジエターキャップを閉めます。その後、普通に走らせたあとにラジエターキャップを緩めてエア抜きします。クーラントの量を確認して減っていれば補充します。これを何日か続ければエア抜き完了です(数日かかりますが作業自体は比較的簡単で手間も少ない)
  • 【仕事向き】ラジエターにクーラントを上まで注いだあと、その場でエンジンを空ぶかししたりして、できるだけエアを抜いてしまいます(ネットでよく紹介されている方法。ちょっと面倒だけれど実際にクルマを走らせる前にエア抜きが完了できます。クーラントチャージャー(ファンネル)というラジエターに取り付ける大きな漏斗みたいな道具があると作業しやすい)

エア(空気)が抜けにくいクルマの場合

エンジンとラジエターが離れている車種では、エアを抜くのがちょっと大変だとか…

ポルシェなんか、エンジンが後ろで前にあるラジエターまでの配管が長くて作業が超めんどくさいらしいです

ふふ、ポルシェじゃなくてよかったです

  • クーラントの配管にエア抜き用のプラグが設置されていることがあります。これらのプラグを外してエア抜きします
  • 真空引きの道具があれば、複雑な配管でもクーラントを隅々まで一気に注入することができます(作業が楽で確実、ただし道具を揃える必要あり)

走行後にいきなりラジエターキャップを開けないように

走行後のクーラントは高温で加圧された状態なので、ラジエターキャップをいきなりガッツリ緩めないでくださいね。蒸気が噴出して火傷しちゃいます

車が冷えるまで待った方がいい?

そのほうがいいのだけれど、待てないときはキャップの上からタオルをかぶせて、ゆっくりちょっとずつ回して様子を見ましょう

慎重に、少しずつですね

PIAAさんから、圧を抜くための押しボタン付きラジエターキャップも出ていて、これを使うとエア抜きもしやすいかも

それちょっと便利そう

エア抜きのポイント

具体的なエア抜き方法のポイントについては、続きの記事をどうぞ