カテゴリー
Kotlin言語

ゼロから始めるAndroidアプリ(Kotlin編)Unit1 – 1:Kotlinの基本

Android Developers > スタートガイド > Kotlin と Android をゼロから学ぶ > Unit1 – Kotlin を用いた Android の基本Unit1-1 の内容をまとめたものです(翻訳ではありません)


Unit1 – 1 の内容

  • 全4回(第1回~第4回、クイズは省略)
  • とりあえずKotlinを使ってみる
  • 文字列を表示してみる
  • 関数、変数、制御文を使ってみる

Unit1 – 1 の 第1回

動画(英語)での紹介。アメリカの人、おっきいです。観なくても大丈夫かも

Unit1 – 1 の 第2回

またまた動画(英語)での紹介。こちらも観なくても大丈夫っぽいです

Unit1 – 1 の 第3回

このコードの解説ですね

fun main() {
    println("Happy Birthday!")
    println("Jhansi")
    println("You are 25!")
}

ポイントはこんな感じ

  • 関数の書き方
  • main() の使い方
  • println での出力、文字列の扱い
  • やる気のある人向けのおまけ情報
    • print() ってのも試すといいです
    • 文字列の中の \n は改行

Unit1 – 1 の 第4回

このコードの解説ですね

fun main() {
    val age = 24
    val layers = 5
    printCakeCandles(age)
    printCakeTop(age)
    printCakeBottom(age, layers)
}

fun printCakeCandles(age: Int) {
    print (" ")
    repeat(age) {
          print(",")
    }    
    println() // Print an empty line

    print(" ") // Print the inset of the candles on the cake
    repeat(age) {
        print("|")
    }    
    println()
}

fun printCakeTop(age: Int) {
    repeat(age + 2) {
        print("=")
    }
    println()
}

fun printCakeBottom(age: Int, layers: Int) {
    repeat(layers) {
        repeat(age + 2) {
            print("@")
        }
        println()
    }    
}

ポイントはこんな感じです

  • 文字列の中に変数の内容を展開したいときは ${変数} とする
  • val を使った変数宣言(valで宣言した変数は再代入不可)
  • 文字列は “文字列” とあらわす
  • 整数型は Int
  • repeat(回数) { ・・・ } の使い方
  • 自作関数の書き方、呼び出し方
  • 型はコロンを使って「変数:型」