カテゴリー
メモ:言語

スペースを使わずに単語をつなげて書く方法(命名規則)

プログラミングではスペースは特別な意味を持っています。なのでひとかたまりの意味をあらわすのにスペースを使わずに書けないと困ることがあるんですね。


よく使う方法

つぎの4つの方法をよく使います

命名規則
キャメルケース
ローワーキャメルケース
camelCase
lowerCamelCase
パスカルケース
アッパーキャメルケース
PascalCase
UpperCamelCase
ケバブケース
チェインケース
kebab-case
chain-case
スネークケースsnake_case
SNAKE_CASE

キャメルケースの特徴

キャメルケース(ローワーキャメルケース)・・・先頭は小文字、それ以外の単語の先頭は大文字にしてつなげます。

プログラムの変数名でよく使うかも

大文字と小文字を区別しないプログラム言語やシステムで使うときは気をつけてね

Windowsのファイル名やフォルダ名とかも注意ですね

パスカルケースの特徴

パスカルケース(アッパーキャメルケース)・・・先頭も含めてすべての単語の先頭を大文字にしてつなげます。

プログラムのクラス名でよく使いますよね

キャメルケースと同じく、大文字と小文字の区別がないシステムでは気を付けて使ってね

見た目が違っても、同じもの扱いになっちゃうんですよね

ケバブケースの特徴

ケバブケース(チェインケース)・・・単語をハイフン(-)でつなげます。

URLに使うファイル名やフォルダ名でよく見かけるかも

Google ではURLにはケバブケースを推奨しているの

プログラム言語だとハイフン(-)が演算子に見えちゃって使えなかったりするそうです

スネークケースの特徴

スネークケース・・・単語をアンダースコア(_)でつなげます。

データベースのフィールド名なんかでよく見ます

うん、全部大文字にしたスネークケースはプログラムの定数名でよく使うの