カテゴリー
合同会社のつくりかた

登記簿のネット取得のしかた

登記事項証明書(登記簿謄本)は、取得のしかたで手数料が違うのでまとめておきます。

手数料が安いのは

今回は法人の登記事項証明書をとります。手数料はこんな感じになります。

  • 一番安い:インターネットで申し込んで、窓口で受け取る。480円。
  • 次に安い:インターネットで申し込んで、郵送で受け取る。500円。
  • 一番高い:窓口で申し込んで、窓口で受け取る。600円。

また、証明書として紙の形でほしいのではなく内容を確認したいだけ、という場合はインターネットでPDFの登記事項証明書を取得するのが早くて安いです(手数料の支払いにクレジットカードが必要)。

  • インターネットで申し込んで、PDFでダウンロードする。335円。

気をつけること

まずひとつめ。 紙を請求するときと、PDFでダウンロードするときで利用するサイトが違う。

それからふたつめ。横浜法務局湘南支局の1Fにある証明書発行請求機という機械。タッチパネルで簡単に申請できるんですが、手数料的には窓口申請扱いになるみたいです。先にネットで申し込んでおくほうがよいです。

紙の登記事項証明書を請求してみる

紙の登記事項証明書をインターネットで申し込んでみます。手順は次の通り。

  1. 登記・供託オンライン申請システムのページに行きます。
  2. 「申請者情報登録」のボタンを押して利用登録します。
  3. 利用登録が終わったら「かんたん証明書請求」のボタンを押してログイン。
  4. 必要な証明書の請求手続きをします。
  5. 手数料の支払をします。ペイジー(pay-easy)に対応している銀行のインターネットバンキングが利用できれば、PCからすぐに決済可能。
  6. 郵送受取を選んだ場合はあとは待つだけ。窓口受取の場合は指定の法務局の窓口に受け取りに行きます。

このシステム、24時間稼働でないので注意。利用時間は平日の朝8:30~夜9:00まで。

PDFの登記事項証明書をダウンロードしてみる

内容が確認できれば十分なときには、PDFの登記事項証明書をダウンロードしてみます。 手順は次の通り。

  1. 登記情報提供サービスのページに行きます。
  2. 一時利用の「利用申込」ボタンを押して手続きを進めます。
  3. 必要な登記事項証明書を指定して手続きを済ませるとすぐにPDF形式でダウンロードできるようになります。決済も自動的に行われます。

一時利用の場合、証明書を請求できるのは、発行されたログインIDではじめてログインしたときだけなので注意。あとからまた別の証明書を請求したいときは、また最初から同じように手続きし直します。

なお、このシステムも24時間稼働ではありません。利用時間は平日の朝8:30~夜9:00まで。