カテゴリー
合同会社のつくりかた

法人番号の計算

法人が登記されたら、税務署に行って法人設立届出書を提出します。この書類には「法人番号」という法人のマイナンバーみたいな番号を記入します。

会社法人等番号が12桁、法人番号が13桁

提出書類で見かける「会社法人等番号」と「法人番号」って同じじゃないんです。 会社法人等番号は12桁の数字です。法人番号は会社法人等番号に1桁加えたもので13桁の数字です。

会社法人等番号と法人番号の関係

「会社法人等番号」に数字をひとつ加えると「法人番号」になります。このひとつ加える数字なんですが「会社法人等番号」から計算で出します。以下の記事のように登記完了を確認した場合「会社法人等番号」がわかりますので、計算で「法人番号」を出すことができます。

法人番号を計算してみます

計算方法は国税庁の法人番号公表サイトに載っています。会社法人等番号の各桁の数字を足したり掛けたり割ったり引いたりすると・・・ということで、Google で「法人番号 計算サイト」で計算するページをみつけます。12桁の会社法人等番号を入れればすぐに法人番号がわかります。

まとめ

登記が完了してから法人番号が通知されるまでちょっと時間があります。急いで書類をとって動きたい、という場合にどうぞ。