カテゴリー
合同会社のつくりかた

電子署名(パソリ+フリーソフト)

Sony パソリ のドライバ類をインストール

取説によれば、パソリをUSB接続するとタスクバーにアイコンが出てくるので、これをクリックして指示に従うと自動的にあれこれダウンロードされてインストールされるのだそうです。すばらしいですね。

しかし、僕のように自動で何かがインストールされるのがちょっと気持ち悪いという人もいるかもしれません。そういう人は、SonyのパソリのサイトからNFCポートソフトウェア(NFCPortWithDriver.exe)をダウンロードしておきます。パソリをUSBにつながない状態でこれを実行(インストール)しておけばOKです。

Sony パソリ がちゃんと動作するか確認します

まずUSBにパソリをつないで認識させましょう。いつのまにやら「NFCポート自己診断」というアプリがインストールされているのでそれを実行してみましょう。

公的個人認証サービスの「利用者クライアントソフト」をインストール

公的個人認証サービスのウェブサイトに行きましょう。「利用者クライアントソフト」というのがあるので、これをダウンロードしてインストールしましょう。

「利用者クライアントソフト」の設定をします

  1. [IC カードリーダライタ設定]というアプリがインストールされているので起動します。
  2. 画面の「PC/SC 対応」を選択してから、「Sony FeliCa Port/PaSoRi 3.0 0」(バージョンは時期によって変わるかもしれない)を設定すればOKです。

「利用者クライアントソフト」がちゃんと動作するか確認します

  1. パソリをUSBでつないでマイナンバーカードを置いておきます。
  2. 「JPKI利用者ソフト」というアプリがインストールされているのでこれを起動します。
  3. [証明書を見る] – [自分の証明書] と進みます。
  4. 証明書の選択ダイアログで「署名用電子証明書」を選択します。
  5. 暗証番号のダイアログでお役所の窓口でマイナンバーカードに設定した署名用電子証明書暗証番号を入力します。英文字はすべて大文字のはずなので間違えないようにします。署名用の暗証番号は連続で5回間違えるとロックされてしまうらしい。
  6. 内容が正しく表示されれば動作に問題ありません。

JPKI PDF SINGER のインストール

  1. JPKI PDF SINGER のサイトより JPKI PDF SINGNER のZIPファイルをダウンロードします。
  2. 適当なフォルダに展開すればインストールは完了です。
  3. 展開したフォルダの中にある jpki-pdf-signer.exe をダブルクリックすると起動します。