カテゴリー
合同会社のつくりかた

設立申請書を法務局に提出

書類の準備ができたら法務局に提出します。今回は窓口に直接提出します。提出日が法人の設立日になります。郵送でも提出できますが、設立日は申請書が法務局に届いて、さらにそれを実際に受付処理した日になってしまうので注意。

持ちもの

  • 書類をホチキスでまとめた冊子(表紙は「合同会社設立登記申請書」)
  • DVD-R(”定款”と”登記すべき事項”が入ったもの)
  • 印鑑(改印)届書
  • 受領証をもらうための控え
  • 印紙を買うお金 6万円

横浜法務局湘南支局に行きます

駐車場あり。混雑しているときは入庫するまで少し待ちます。車を停めて法務局の建物に向かう途中で、日によっては駐車票が渡されます。駐車票をもらったときは法務局に置いてあるハンコを押して、帰るときに駐車場で渡します。駐車票を出していない日もあるもよう。

1Fで印紙を購入

1Fに印紙売場があるので、そこで6万円分の印紙を購入します。買った印紙は持ってきた冊子の2枚目「登録免許税納付用台紙」の枠の中に貼り付けます。枠がやたらと大きいのでどこに貼ったらいいのか迷うんですが、枠の中の右寄りのほうが喜ばれるらしい。ということで、今回は枠の中の右下寄りのあたりに貼付け。

尚、貼り付けた印紙に割印してはいけません。印紙は貼りつけるだけでOK。

2Fで提出

いよいよ提出します。まず法人の設立登記に来た旨お伝えして「冊子+DVD-R+印鑑(改印)届出」を提出します。それから控えに受領証が頂きたいのですがと「合同会社設立登記申請書の控え+”登記すべき事項”を印刷したもの」も提出します。

受領証のシールを貼った控えの書類を受け取って手続き完了。今回は登記完了予定日が書かれた小さい紙をもらいました。

登記されるまでに起こりそうなこと

法務局で書類をチェックして不備があると連絡が入ります(補正)。この連絡があった場合は、おとなしく指示に従って法務局を再訪問します。

基本的に提出するだけですので、法務局での手続きはすぐに終わります。