カテゴリー
PHP

PHP7(4)定義済の変数定数

システムで定義済みの変数や定数についてです。


定義済の定数

PHPのほうで用意している定数です

  • PHPが自動的に用意している定数
    • TRUE (=1) , FALSE (=0) , NULL  null など
    • PHPのシステム情報・・・PHP_XXXXX という名前で用意されている
      • PHP_VERSION , PHP_VERSION_ID , PHP_EOL など
    • エラー関係・・・E_XXXXX という名前で用意されている
      • E_ERROR , E_WARNING など
  • PHPが自動的に用意する変化する定数(マジック定数)
    • __FILE__(ファイル名) , __DIR__(ディレクトリ名)など
  • 数学関係の定数
    • M_XXXXX という名前で用意されている
      • M_PI , M_SQRT2 など
    • NAN (非数値) , INF (無限) など

定義済の変数

こちらは、PHPのほうで用意している変数ですね

  • 定義済の変数の中でも、global 宣言など無しにどこからでもアクセスできる定数のような定義済み変数(スーパーグローバル)
    • $GLOBALS  globals ・・・グローバルスコープで使用可能なすべての変数への参照
    • $_SERVER  server ・・・サーバー情報および実行時の環境情報
    • $_GET  get  ・・・ HTTP GET 変数
    • $_POST  post  ・・・ HTTP POST 変数
    • $_FILES  files  ・・・ HTTP ファイルアップロード変数
    • $_REQUEST  request  ・・・ HTTP リクエスト変数
    • $_SESSION  session  ・・・ セッション変数
    • $_ENV  environment  ・・・ 環境変数
    • $_COOKIE  cookies  ・・・ HTTP クッキー
  • 定義済の変数
    • $http_response_header  httpresponseheader ・・・HTTP レスポンスヘッダ
    • $argc  argc  ・・・スクリプトに渡された引数の数
    • $argv  argv  ・・・スクリプトに渡された引数の配列