カテゴリー
Python

Python3:公式チュートリアルあらすじ~Pythonの紹介(文字列)

Python での文字列について簡単に紹介しますね


文字列はこんな感じ

文字列をあらわすには?

‘spam eggs’文字列。結果は spam eggs。”spam eggs” と同じ
“spam eggs”文字列。結果は spam eggs。’spam eggs’ と同じ
‘doesn\’t’文字列。結果は doesn’t
“doesn’t”文字列。結果は doesn’t
‘First line.\nSecond line.’文字列。\n は改行
“First line.\nSecond line.”文字列。\n は改行
r’C:\some\name’r をつけると \ を単なる文字として扱う
Python では基本的にシングルコーテーション(’)とダブルコーテーション(”)に違いがないみたい。\n のような特殊文字も同じように解釈されますね

こんな書き方もあり

”’\
1行目
2行目
3行目
”’
シングルコーテーションを三連にすると改行がそのまま反映される。行末に \ をつけるとその部分の改行は無視される
“””\
1行目
2行目
3行目
“””
ダブルコーテーションを三連にすると改行がそのまま反映される。行末に \ をつけるとその部分の改行は無視される
3 * ‘abc’文字列を繰り返す。結果は abcabcabc
‘abc’ + ‘def’文字列の連結(変数どうしや変数とリテラルの連結も可能)
‘abc’ ‘def’文字列の連結(連続する文字列は連結される。変数や式の場合は連結されないので注意)

長い文字列を分割して記述したいとき

text = ('Put several strings within parentheses '
        'to have them joined together.')

文字列の中の文字を取り出すには?

word = 'Python'
c = word[0]

word[0] は ‘P’ になりますね。word[5] は ‘n’

word[-1] は一番右端の ‘n’ のこと。word[-2] は ‘o’

やや複雑な文字列のはなし

文字列の中の文字の位置ってどう考えるの?

こんな感じに考えるの

 +---+---+---+---+---+---+
 | P | y | t | h | o | n |
 +---+---+---+---+---+---+
 0   1   2   3   4   5   6
-6  -5  -4  -3  -2  -1

文字の取り出しはこんな感じ。word = ‘Python’ とすると…

word[0:2]結果は Py
word[2:5]結果は tho
word[:2]結果は Py
word[4:]結果は on
word[-2:]結果は on

文字列の部分変更はできないので注意。こういうのはエラーになっちゃいます

word = 'Python'
word[0] = 'Q'        #これはエラーになる

文字列の長さは?

len(‘python’)文字列の長さ。結果は 6

このページに対応する公式チュートリアルはこちら