カテゴリー
ギターや音楽の知識

ピッキングで音色が変わる

ギターの場合、ピッキングを工夫すると同じギターでも倍音構成(音色)が変わります。


ギターの音が変わるのを確認

ピッキングの位置を変えると音色は変わります

どんな感じに変わるのかな?

ちょっと実験してみますね

たとえば、フレットは押さえずに(開放のまま)12フレットの真上を3弦あたりから1弦まで、ピックでポロロンと弾いてみましょう。

ギターのピッキングの位置と音色(12フレットの上で弾く,3月のライオン,羽海野チカ)

普通の位置(ピックアップのあたり)でピッキングしたときの音と比べて、なにかちょっと詰まったような、校内放送のお知らせのような、ポーンという感じの音がすると思います。やや人工的な響きを感じるかも。


板書のようにして出した音色には偶数倍音がほとんど含まれていません。基音と奇数倍音だけの音なんですね。なので、普通に弾いたときみたいな偶数倍音も入っている音とは音色が変わるんです。

どんなギターでも、12フレットの真上でピッキングすれば必ずこういうちょっと素っ気ない音になります。


ピッキングの位置はたいせつ

板書はちょっと極端な例だったけど、普通にピッキングしても、位置が 数cm ずれたら音色はそれなりに変わるの

ギターって、ちょっとしたことで音色が変わるんですね