カテゴリー
ギターや音楽の知識

ピッキングハーモニクスのしくみ

ロックギターでよく使うピッキングハーモニクス。ピッキングの位置と右手のわずかなコントロールでハーモニクスを出します。


弦の節を使うしくみは同じ

ピッキングハーモニクスのしくみが知りたいです

弾き方は知ってるかな?

ピックで弦を弾くときに、ピックを持った親指をちょこっと弦に触れさせるんですよね

うん、その触れさせる位置がちょうど弦の節になっていると、通常のハーモニクスと同じしくみで倍音が鳴るの

ギターのピッキングハーモニクスと減の節の関係
ピックは浅めに。親指の当たりかたで倍音の出方が変わる。

親指を当てる場所がポイント

親指で触れるところが弦の節になるんですね

うん、なのでちゃんとハーモニクスがが出る場所に当てないと音が出ないの


親指が触れる位置は弦の節の位置、つまり普通にハーモニクスが出るところ。ピッキングハーモニクスを出したい場所を右手の人差指で軽く触れて、中指あたりで弾いてハーモニクスが出るかどうか確認しておきましょう。節にならない場所でいくら頑張ってもうまくいかないんです。

あとですね、ピッキングの位置をずらしてみるのもいいです。他の倍音の節にヒットすると違うハーモニクスが出ます。ぜひ試してみてくださいね。