カテゴリー
メモ:PC設定

ubuntu 18.04 server:インストールのポイント

ネットワークの設定など、Ubuntuのインストールで迷ったら見てくださいね。


ネットワークの設定はnetplan を使う

ネットワーク関連の設定ファイル、自分で手動で書き換えても、元に戻されちゃうんですね

うん、ubuntu18.04サーバー版だと、ネットワークの設定は netplan ってしくみを使うの

ubuntu 18.04 server をダウンロードして、とりあえずYes,Yesでインストール。ネットワークはDHCPで設定されるんですが、これをあとから手動で固定IPなどに変更してみます。ubuntu 18.04 サーバー版では netplan という仕組みを使っています。次のようにします。

  1. エディタを使って /etc/netplan/50-cloud-init.yaml を書き換える
  2. コンソールで netplan apply とすると設定が変更されます(root権限でどうぞ)

これだけでOKです。逆に、今まで設定で使っていたようなそれらしいファイルを手動で書き換えても、いつのまにか元に戻されてしまうので気を付けてくださいね。

ProFTPDはスタンドアロンでインストールされる

ProFTPD は apt-get するだけで使えちゃうんですね

うん、inetd 経由で動作させたいときはインストール後にあらためて設定してあげてね

FTPできるように ProFTPD を入れます。インストールは apt-get(または apt)するだけ。

apt-get install proftpd

何も聞かれずにインストールが完了。スタンドアロンかinetd経由かは聞かれず、スタンドアロンでインストールされます。もし、inetd経由にしたいときは次のようにします。

  1. コンソールで apt-get install xinetd として xinetd をインストール
  2. エディタで /etc/xinetd.d/proftpd ってテキストファイルを作ります(ネットを参考にしましょう)
  3. /etc/init.d/xinetd restart で xinetd を再起動
  4. エディタで /etc/proftpd/proftpd.conf を開いて、ServerType inetd に書き換え
  5. /etc/init.d/proftpd restart で ProFTPD を再起動

どうにも接続を拒否されちゃうときは、/etc/hosts.deny と /etc/hosts.allow をエディタでひらいてチェックしてくださいね

ホスト名を変更しても元に戻ってしまうとき

Ubuntuを適当なホスト名でインストールしちゃって… あとから変更する方法が分からないんです

hostnamectl ってコマンドを使うの

やってみたんですけど、再起動すると元に戻っちゃうんです…

/etc/cloud/cloud.cfg の設定を書き換えてみるといいかも

とりあえず適当にインストールしたはいいけど、あとからもっとちゃんとしたホスト名にしておけばよかった、変更したいってことありますよね。ホスト名の変更は hostnamectl ってコマンドを使えばいいんですが、ubuntu 18.04 サーバー版でやってみると再起動すると元に戻っちゃうんです。次のようにすると戻らなくなります。

  1. エディタで /etc/cloud/cloud.cfg を開いて、preserve_hostname を true にして保存
  2. コンソールで「hostnamectl set-hostname 新しいホスト名」としてホスト名を変更
  3. PCを再起動してホスト名がちゃんと変更されているか確認

時間がおかしいとき(タイムゾーンの変更)

時間が合ってないような… ちょうど9時間ずれてるんです

うん、タイムゾーンを設定しなおせば大丈夫

ubuntu 18.04 サーバー版は、インストールして何もいじらないとタイムゾーンが UTC (協定世界時) になってるみたいです。このままだと、日本の標準時(JST)とずれが9時間あります。さすがに使いづらいので次のようにして直します。

  1. コンソールで dpkg-reconfigure tzdata と実行してみます(root権限でどうぞ)
  2. ダイアログが開くので「Asia – Tokyo」と選んでおきましょう
  3. 設定が終わったら、コンソールで date と実行して、時間が直ったか確認しておきましょう

WordPress 5.2 をインストールするための準備

WordPress って、WordPress だけインストールしてもダメなのかな?

うん、あらかじめ「Webサーバ」「データベース」「PHP(言語)」をインストールしておくの。動作する組み合わせが決まっているので気をつけてね

WordPress はWebサーバ、データベース、PHP が連携して動作します。うまく動作するバージョンの組み合わせがあります。ubuntu 18.04 サーバー版にWordPress 5.2 をインストールしたときの組み合わせは以下の通り。

OSUbuntu Server 18.04.2 LTS
WebサーバApache 2.4.29 (apt-get で普通にインストール)
データベースMariaDB 10.1.40  (apt-get で普通にインストール)
PHPPHP 7.3.4-1  (apt-get で普通にインストール)
WordPressWordPress 5.2.1 ( http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz )

apt-get install wordpress としてもインストールできるけど、これだと英語版になっちゃうらしいです(試してないのでほんとのところは分からないです)