カテゴリー
メモ:グッズ 音楽機材

behringer XENYX 1002(2日目:アンプ性能チェック)

実際に信号を入力して behringer(ベリンガー)XENYX 1002 の性能チェックをしますね


INPUT1,2 の ゲイン

XENYX1002の取説(テクニカルシート)とオシロスコープを使って性能チェック。測ってみるとだいたい仕様通り

安くてもいい感じですね

エンジニア的な方だとわからないけど、プレイヤー的な人だったら十分に正確な作りかも

INPUT1 と INPUT2 にあるゲイン調整のつまみ
  • GAINつまみ・・・ライン入力で -10dB~+40dB。測定でもほぼ仕様通り。XLR入力のときは +10dB~+60dB
  • LEVELつまみ・・・-∞~+15dB。 測定でもほぼ仕様通り
  • PANつまみ・・・PANをセンター(左右同じに割り振る)にすると、左右に送られる信号は5dBくらい減衰。左右どちらかに回しきって一方からだけにすると出力されるほうは増減なし(0dB)。つまりPANのツマミをぐりっと回すと ー∞(または0)dB~-5dB~0(またはー∞)dB と変化します
  • MAIN MIX フェーダ・・・このスライド式のフェーダについてる目盛り、0dBの位置はちゃんと0dB。もっと適当かとおもったけれどそんなことはなかったです

ステレオ入力部のゲイン

INPUT3~10はステレオ入力用なんですね

うん、ステレオ入力のゲインはツマミじゃなくてボタンなので注意

「+4/-10」っていう小さいボタン?

そう、ゲインはこれを ON/OFF して2段階で調整できます

これがそのスイッチ。ステレオ入力のほうのゲイン調整はこいつでざっくりと。 +4/-10 の意味は想定される入力電圧。それぞれ +4dBu / -10dBV という意味

この +4/-10 は、入力につないだ機器の種類で使い分けます。出力の大きい業務用機器をつないだときは +4 、比較的出力の小さい民生用機器をつないだときは -10 のほうを選択。ボタンを押し込んで「-10」にしたほうがゲインは大きくなります

  • +4/-10 スイッチ・・・ボタンが「+4」になっているときには少し減衰します(-2dB くらい)。ボタンをポチリと押し込んで「-10」にすると増幅します(+8dB くらい)
  • BALつまみ・・・くりくりっと回していくと -∞ ~ 0dB で変化します。ぴったりセンターにしたときに -3dB くらい減衰。つまりBALのツマミをぐりっと回すと ー∞(または0)dB ~ -3dB ~ 0(またはー∞)dB と変化します
  • LEVELつまみ・・・-∞ ~ +15dB とのこと。たぶん INPUT1,2 とおなじ